デジタルイラストのデメリット

始めるまでが大変!デジタルイラストのデメリットとは

パソコンや専用機器の購入ハードルが下がり、すっかり身近なものになったデジタルイラストですが、初心者が始めるにはそれなりの準備が必要となります。ディスプレイが大きめのパソコンと、イラストを描くのに適したペンタブレット、または液晶ペンタブレットは不可欠と言えるでしょう。黎明期に比べれば値段の下落は著しいものがあり、中古市場も充実しています。しかし、続けられるかわからないうちにまとまった額の出費があるのはデジタルイラストならではのデメリットです。

イラストを描くためのソフトも見過ごせない出費ではありますが、フリーソフトの中でも一通りの機能を網羅したものがあります。逆に言えば、ある程度はインターネットを使いこなせないと、デジタルイラストのメリットを最大に引き出すことは難しいでしょう。

デジタルでも存在感のあるイラストを

道具の入手という最初の難所を克服できたあとは、作業面のデメリットに注意が必要です。データを保存して修正や複製も簡単にできるのがデジタルのメリットのひとつですね。しかし、保存に失敗すると、何時間もかけて仕上げたイラストが跡形もなく消失してしまうことも起こり得ます。操作ミスや不意の停電、データの破損には充分気を付けなければなりません。電源を確保しなければ何もできないのも大きな制約です。

そして、イラストにこだわりを持つようになると、アナログならではの質感や存在感と比べて、デジタルイラストが味気ないものに思えてくるかもしれません。加工ソフトや効果を重ねることによってある程度は克服できますが、やはりアナログと全く同じ味わいを出すことは不可能です。デジタルのタッチに違和感を持つ人にとっては、一番のデメリットと言えるでしょう。