デジタルイラストについて

デジタルイラストを描くには、ペンタブレットや専用のお絵かきソフトなど、揃えなければならないものがたくさんあります。その分、イラスト初心者にも易しい便利な機能が豊富に備わっています。メリットやデメリットもふまえて、詳しく見ていきましょう。

ここが魅力!便利なデジタルイラスト

アナログで絵を描いていると、困ってしまうことがあります。それは「失敗したら終わり!」ということです。実際には「終わり」とまではいかなくても、一度失敗してしまうとそこからの修正が難しいもの。鉛筆なら…

+ more info

デジタルイラストのデメリット

パソコンや専用機器の購入ハードルが下がり、すっかり身近なものになったデジタルイラストですが、初心者が始めるにはそれなりの準備が必要となります。ディスプレイが大きめのパソコンと、イラストを描くのに適…

+ more info

デジタルイラストに必要な環境

初心者がデジタルでイラストを制作したいと考えた時に、まずデジタルイラストに必要な環境を揃えなければいけません。まずはパソコンを用意しましょう。パソコンにはデスクトップ、ノートパソコンとありますが、…

+ more info

アナログイラストについて

アナログイラストはデジタルイラストに比べると手間がかかるイメージがあります。しかし、アナログならではの独特な表現をすることも可能です。紙と鉛筆さえあればすぐ始められるというのも大きな魅力ですので、これからイラストに挑戦したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ここが魅力!アナログイラストの豊かな表現方法

バソコンやモバイル機器等の電子機器を使わずに描かれるのが、アナログイラストと呼ばれるものです。そんなアナログイラストを描く際、大きく雰囲気を変える要因になるのが、使う画材です。画材と言っても、色鉛…

+ more info

アナログイラストのデメリット

本格的にイラストの勉強をしたい、そう思ったとき、いまや避けて通れないのがデジタルイラストとアナログイラスト、どちらに注力するかという選択です。デジタルイラストが一般化した現在も、アナログイラストな…

+ more info

イラストの講座で好きなものをひとつの絵に

イラストの講座では自分が描きたいもの、形にしたいものを、自分のオリジナルでイラストにする技術が学べます。

アナログイラストに必要な環境

アナログイラスト、まずは紙とペンから

アナログイラストの魅力の一つは、そのお手軽さです。紙とペンさえあれば、いつでもどこでも気軽に楽しむことができます。よいイラストを描くためには、道具にもこだわりたいですよね。 紙は、イラストを描く目的によって変えるべきです。線画だけをアナログで描いてパソコンに取り込むのなら、真っ白で凹凸の少ないコピー用紙が適しています。色鉛筆で色を塗るには、表面に凹凸のある画用紙やスケッチブックがよいでしょう。また、漫画にも使われるケント紙もおすすめです。色塗りの手法によって変えましょう。 イラストでは基本的に鉛筆等消せるもので下書きをして、消えないペンで主線を描きます。鉛筆の濃さには、9Bから9Hまで17種類あります。全部は必要ありませんが、4BからHくらいまでは揃えておきましょう。主線は、ミリペンを使って描くとにじみが少なく描けます。